確定日付

確定日付
確定日付をもらってきました。

確定日付とは、その日にその文書が存在していたことを証明するもので、公証人役場で手続きを行ないます。

無縁墓改葬手続きにおいては官報掲載から1年後に改葬許可申請を行ない、その際の添付資料として立札の写真が必要です。
確定日付の取得までは要求されていませんが、公告の事実をより確実なものとし、後々のトラブルを避けるためにも当事務所では確定日付を取得いたしております。

 

ちなみに写真そのものに直接確定日付を貰うことは出来ませんが、写真入りの証明文を作成して印刷し記名押印する方法で私署証書とした場合にはこれに確定日付を入れていただくことが出来ます。