お墓の引越しに関する費用

お墓の引越しを検討するにあたり、それに伴う費用には新しいお墓の購入費用の他にも様々な費用が発生します。

お墓の引越し先での費用

1、新しいお墓の購入費用

墓地使用料+墓石購入費用+年間管理費。
墓地の使用料や、あらたに墓石を購入する場合の費用です。
地域や墓地の形態・広さ、公営墓地か民営墓地かなどにより大きなひらきがあるようです。

墓地によっては使用できる墓石に制限があったり、指定業者しか利用できないところもあるようです。
そのため現在使用している墓石を新しいお墓に移動できない場合には、新たに墓石購入費用もかかります。

墓地の広さ、墓石の大きさなどにより、総額数十万円から数百万円まで幅があるようです。この他に年間管理費がかかるところが大半のようです。

2、開眼法要費用

魂入れともよばれます。
宗教宗派や霊園によってはおこなわれないこともあるようです。

開眼法要をおこなっていただく場合には、お布施をお支払いいたします。
お寺さんの敷地内の墓地であるのか、それとも遠方から読経に来ていただくかによっても差があると思いますが、10,000円から50,000円程度のようです。

3、戒名料

現在の墓地とは宗教宗派が異なり、新たに戒名をつけなおしていただく場合にはその費用がかかります。

 

現在のお墓での費用

1、閉眼法要費用

魂抜きとも言われます。
お経を読んでいただくなどの法要をおこなっていただく場合にはお布施が必要となります。
お寺さんの敷地内の墓地であるのか、それとも遠方から読経に来ていただくかによっても差があると思いますが、10,000円から50,000円程度のようです。
寺院の檀家を抜けるにあたり、まれに離壇料がかかるケースもあるようです。

2、墓石撤去費用

墓地に埋葬されている遺骨一部の引越しではなく完全に引越しをする場合には、墓地をもとの状態に戻して寺院にお返しいたします。
墓石を撤去するにあたり車や重機が入れるかどうかなどにより費用が大きく異なるようです。
寺院によっては指定石材業者しか受け入れていただけないところもあるようです。

3、墓石移動費用・処分費用

新しいお墓においてこれまでの墓石を使用する場合には、その運搬費用がかかります。
墓地霊園によっては、現在の墓石を使用できないところもあります。
現在の墓石を使用しない場合には、墓石の処分に関しての費用がかかります。

4、遺骨運搬費用・保管費用

遺骨をご自身で移動するのではなく業者さんにお願いする場合にはその費用がかかります。
一時的にお寺さんで預かっていただいたり、遺骨を乾燥させてから移転先に持ち込む場合にはさらにその費用がかかります。

5、改葬許可申請費用

お墓の引越しには役所の許可が必要です。
ご自身でおこなっていただく場合には役所への手数料のみでできますが、行政書士に依頼する場合にはその費用が発生します。
手続きは基本的に郵送でできますが、場合によっては現地に足を運ぶ必要があります。

 

お墓の引越し費用は総額で数十万円から数百万円にまでなることがあるものの、冠婚葬祭に関する費用は言われるがままの費用で決めてしまうことも多いと思います。
事前に見積もりをとり費用の概算を把握していただいたほうがよろしいかと思いますが、かといって金額だけで決めてしまうのもどうかと思います。
複数の業者からの見積もりをとってみていただき費用とサービス内容を良くご検討していただくのも一つの方法であると思います。

 

 

行政書士橋本雅幸事務所


墓地移転改葬許可申請を代行